開業するならローン商品の研究をするのがオススメ

>

先ずは起業形態の種類とローン審査の傾向を確認しましょう

賢い商品の選び方

開業資金の用途で急ぎの費用が必要となったり、初期費用への費用をあまり掛けたくなかったりする人は、少額ローンを選ぶのも良しです。
金融機関によっては手続きは簡単な審査だけで良く、即日融資が受けられます。
他にはすぐに返済の見込みがある人は、無利息サービスの有無も確認ポイントです。
期間内に返済ができると利息が掛からず、費用負担の軽減を図れます。

近年では、ネットを活用して融資を行う会社もあります。
返済が最寄りのコンビニでできると、手続きに掛かる労力や返済に掛ける時間短縮が図れます。

その他、少額融資を受ける場合は、希望額を低めに設定するのがオススメです。
収入が低くても審査が通りやすくなります。
また、最初から返済しやすい金額で行うことで、次回融資をするのを想定したシミュレーションもできるでしょう。

少額だからと甘く考えるのは危険

開業資金であっても、少額融資をするのは借金をした状態です。
さまざまな理由で返済が遅れてしまうと、信用情報にキズがついてしまいます。
今後金融機関で多額なローンを組みたい場合でも、審査で落とされる可能性が高くなります。

事業経営を行うと、不測の事態で急な出費が生じたり、思うように売り上げが出なくなったりケースも起こりかねません。
ローンを組む段階で収入の見込みがあるから心配ないと考えるのではなく、完済までに余裕を持ってローンを組むようにしましょう。

事業経営者の中には、無利息キャンペーンなどを利用して複数社の少額融資を利用する人がいます。
賢い方法かもしれませんが、借り入れ状況の管理は欠かせません。
返済が遅れたり、管理が間に合わず自転車操業の状況になったりするので注意が必要です。


この記事をシェアする