開業するならローン商品の研究をするのがオススメ

>

多額なローンを組む場合に知っておくと良い情報

ビジネスローンについて

法人経営者や個人事業主が開業をする際に、設備投資や設立の初期費用確保の目的で、ビジネスローンを組む場合があります。
総量規制の対象外であり、年収が3分の1以上であっても借り入れが可能です。
担保や保証人が不要な場合もあり、手続きの準備に掛かる負担も少なくて済みます。

ビジネスローンは利息を付けて返済が必要な有利子負債です。
別途金融機関から融資を受ける場合や、行政が企業監査をする際の1つの評価ポイントとなります。
負債額が大きいと、マイナスの査定となりかねません。
期日までの返済ができている状態なら、評価は下がる心配はないはずです。
利用する場合は、できるだけ経営ビジョンを明確にすることや期日までに返済できる体力は欠かせません。

却って事業経営を苦しくしないために

金融機関が提供するビジネスローンには、繰り上げ返済が可能な場合はあります。
資金面に余裕が出た場合や少しでも早く返済したいと考える人には、心強いサービスとなるでしょう。
また、利息の負担軽減も図れます。

早く完済したい気持ちに捉われすぎて、必要以上に返済に充てるのは良くありません。期日までに完済できれば良いという気持ちを持ちましょう。
他に繰り上げ返済をする際に融資担当者に相談しないで行う行為は、印象を悪くしかねません。
特に事業経営で長い付き合いを考えるなら、自分本位で進めるのはあまりオススメできない方法です。

ビジネスローンを組む場合、限度額の上限まで利用する人もいます。
その分、返済額が大きくなるので注意が必要です。


この記事をシェアする